カンボジア旅行
category: 旅行レポ
0

     

     

    アンコールワットへ!!!

     

     

    どーん!

     

    やっぱり迫力あります。

    何回も写真で見てきたけど生で見るととてもカッコいい。

     

     

    近くで見るともっとカッコいい!!!←それ以外の表現ないのかよ

     

    中も広々。 

    猿がそこら中にきます。かわいい。 

     

     

    アンコールワットの、トンがってる部分にも入れるらしいんだけど、30分以上の長蛇の列。

    もう腹痛もひどく(旅行中だいたい体調悪い)暑いしそこはパス!←せっかくきたんだから行けよ。

     

    ↑拡大して見るとなかなかいかつい!荘厳な感じ。

     

    やはり寺院だけあって、僧侶の人もいたり

    お祈りしてる人もいたのでまだ地元の人たちにとっては精神の拠り所なんだなと。

     

    (お祈りしてる人の写真を撮るダメな観光客の例)

     

     庭から見るアルコールワットも素敵でしたー!

    カーディガン紛失の証拠写真。ユニクロのカーディガンは永遠にアンコール遺跡の一部となった。

     

    とにかく見てて飽きないのが不思議!

    次はマチュピチュに行きたいな。いつか。

     

    暑くてヘトヘトになり、この日は早めにお帰り。

     

    と思いきや、夜の街に繰り出す!

     

     

    そう、シェムリアップ には遺跡とは別の顔があり、

    パーティシティ(というほどでかくもない)として有名なのです!

     

    それがこのパブストリートと呼ばれるネオンが光るやかましい通り。

     

    世界有数の観光地というだけあって、オフシーズンの平日でも人で溢れてました!

     

    生演奏のバーでテンション上がり自撮り♪ 

     

    今日はフライト疲れもあったのでサクッと飲んで帰りました!

    明日は水上生活者の村へ!

     

     

    カンボジア2日目!

    トゥクトゥクで向かうこと30分、トレンサップ湖というカンボジアで有名な水上生活者の村に来ました

     

    どーん!

    ここには家はもちろん、学校や病院、教会、バスケットコート(驚!)、レストラン、服屋さん、おもちゃやさん、なんでも揃っています。

    すべて、水の上。

    ボートに乗って食料を売りにきてくれることも。

     

    何気に快適そう??

     

    さて、何故水上で生活しているかというと…

     

    ベトナムから難民が違法滞在してできた村とのこと。

    今でもその数は増え続けてるという。

    水上だったら、住所もないし、いつでも移動できる、家賃もかからないからね。

     ステキなボートで村を探索!

     

     

     ↑ちょっと運転させてもらいました!

     

     

    気持ち良い〜!!

    スコットはサングラスと海がよく似合う♪ 

     

    そのあとは熱帯雨林へ。

    カンボジアにきてマングローブが見れるとは知らなかったのでわくわく!

     

    ボート乗り場。

    韓国人に人気の観光スポットらしく、やたらハングル語が飛び交っていた!

     

    そして林の中へ!

     

    外はとっても暑かったのに、林の中はひんやり涼しい!

    ボートを漕いでくれた兄ちゃん、歌ってくれたりして陽気だったが帰り際にチップ5ドルを請求!!(゚o゚;;

    請求されなくてももちろんチップは渡すのが当たり前だったが、金額まで指定されての要求は少し戸惑った、、

     

    でも気持ちよかったです 

    何故か花かんむりがボートに。乙女心をくすぐるアイテム揃えてるぜ!←もう乙女じゃないって?

     

    後ろ姿は乙女でしょ♪ 

     

     

    このあとはまたパブストリートに行って早めのご飯。

     

     

    明るい時間だとめっちゃ空いてるパブストリート。 

     

     ↑モデル気取りショット

     

    ↑食レポ気取りショット 

     

    この日は夜の街には繰り出さず、明日のために早めに就寝。 

     

    何故かって? 

    アンコールワットでの日の出を見るからです!!! 

     

    カンボジア 3日目 

    朝、4時起床。 

    ほとんど寝れず、、 

     

    死んでる顔の2人w

     

     

    まじ暗い・・・でも周りには大勢の人が!

    これがどんどん明るくなり… 

    幻想的なアンコールワットに! 

     

    残念ながら曇っていて日の出は見れませんでしたが… 

    本来ならばこういう景色見れるはずでした (Googleの画像検索から拝借)

     

    綺麗すぎますね… 

    見たかったなぁ(;_;) 

     

    でもまぁ、最後にもう一度アンコールワットを拝めて良かったです♪ 

     

    そして、ベトナムへレッツゴー! 

    comments(0), trackbacks(0), -
    カンボジア旅行
    category: 旅行レポ
    0


      カンボジア&ベトナム旅行。

      突然海外行きたくなる症候群(年に数回発症する)にかかり

      弾丸で決行。

      当初は一人旅の予定だったがスコットも来てくれることに。


      カンボジアにした理由はひとつ、アンコール遺跡。

      小さい頃に『地雷を踏んだらサヨウナラ』という映画を観て、今でも地雷が埋まっている国というのにすごく衝撃を受け

      それからアンコール遺跡にも興味を持ってずっと行きたかった場所のひとつ。


      行けてよかった!


      カンボジアの歴史も初めて調べました


      そんな昔でもない、30年前に首都プノンペンにて大量虐殺があった暗い過去を持つカンボジア。

      しかも、カンボジアの総人口が800万人に対して300万人近くが4年間の間に殺されたらしい…

      国の3分の1の人。信じられません!


      だから、カンボジアの街を見ると若い人ばかり。

      なんと平均年齢が25歳とのこと。

      35歳以上の人は大虐殺を免れられた人なんだね。


      しかも、殺された理由が「学生、医師、技術者など高等教育を受けていたから」というふざけたもの。

      そのときクーデターを起こしてリーダーとなったポルポトは

      超原始的な社会を目指したかったらしく

      学校や病院などもない、貨幣もない社会にしたかったんだって。謎すぎる。


      だから反抗勢力となりそうな、知識のある人から真っ先に処刑、

      それがエスカレートして、眼鏡をかけている、本を読んでるだけの理由で殺されたりした(;_;)


      時間がなくて行けなかったんだけど今もプノンペンでは『キリングフィールド』という当時の収容所が公開されてて、たくさんの観光客が訪れるそう

      名前からもう『殺し場』

      写真見ただけでも相当きつかったから、行ってたらしばらく病んだかもしれん…

      でも目を背けてはいけない負の遺跡。


      海外旅行のいいところは、その国のことを知れること。

      カンボジアにこなかったら、一生このことを知る機会もなかったと思う。

      悲しい出来事であっても、罪のない人がたくさん殺されたことを私は知っておきたい。



      と、まぁ悲しい話題はこれくらいにして、、


      アンコール遺跡はプノンペンから飛行機でまた45分くらい行った、シェムリアップ という村にあります。

      シェムリアップ 、正しくはSiem Reap。読み方が難しい。

      プノンペンに比べて田舎です。


      着いたら大雨でしたが空港でこんな可愛い乗り物が出迎えてくれました\(^^)/


      これはトゥクトゥクという現地のタクシーみたいなものです

      専属ドライバーみたいに一日貸し切ることができ、それでも10ドル(1200円くらい?)で安い


      晴れるとこんな感じに開放的で風が気持ちいい!(砂埃が目に入りまくりますが)


      今日はこのままアンコール遺跡の主要スポット、

      アンコールトムとアンコールワットに行きましたー!


      アンコールワットは有名だけど、トムの方は初めて聞いた私。

      違いを調べると、トムは当時の王宮や人々が住んでいた街で

      ワットはヒンドゥー教の寺院だったようです!!


      どっちも甲乙つけがたい良さ!

      なので観光で来るならどっちも行くべき。

      (どちらもトゥクトゥクで10分くらいと近いです)


      まずはトムから行くことに。

      入り口からかっけええ


      中に行くとまるでジブリ。

      全てがでかいので圧倒されます

      ↑この腰に巻いてるカーディガンをここでなくした(アンコールワットでは写真からカーディガンが消えてることから後ほど判明)


      めちゃカッコイイ。


      至る所に顔があるのが特徴

      髪ボサボサだし顔やつれすぎだろ私。(暑さで目が開かない)


      セクハラスコット

      ↑遺跡で遊ぶな


      小道にもずらり!


      とにかく広くて回るのに2時間以上かかった(それでもショートカットしまくったが)

      至る所にある、なんとも言えないピースフルなお顔が気に入りました。


      なぜか象もたくさん。

      神聖な動物なのかな。


      ここでランチ休憩挟み、アンコールワットへ!

      ↑ネコに余った魚で餌付け中。5匹くらい寄ってきて可愛すぎた…


      疲れたのでこのへんで。(中途半端かよ!)

      次は念願のアンコールワットへ。

       

      comments(0), trackbacks(0), -
      時価の悲劇
      category: 新婚生活
      0



        本当はこれリアルに書こうとしてたことなんだけど

        文字数多すぎてブログにアップせざる得なくなりました_(:3」z)_笑

        話を短くまとめる力がほしいっす、、


        カンボジア&ベトナムの旅、9日目。

        今回の旅はずっとラブラブでしたが

        今日ついに険悪モードに!!!


        そのあと話し合って仲直りしたのでことなきを得ましたが(^ ^)


        経緯を話すと…

        事の発端は、ランチのお店選び。


        うちらはとくに行く場所の下調べをせず、歩いてて見つけたところにふらっと入ることが多いんですが

        今日もぷらぷら海岸沿いを歩いてて

        お腹空いたねーってなり

        「ここはどう?」って私がお店を提案。


        レストラン名にシーフードって書いてあったし、

        ブンタウは海鮮が有名だから最後に食べておきたくて。


        で、スコットも同意し、一緒に店内へ。

        入ってみたら意外と高級そうな雰囲気(テーブルには白いクロスがかかっていて、英語が話せるスタッフがいて、サービスが行き届いてる)


        メニューを見たら、なんと「カニ」や「カキ」の値段が「Market Price」となっている

        つまり「時価」、海産物は天気やシーズンで収穫が変動するからそれによって値段も変わってくるんだろう。


        とりあえずカニと鯛を食べようということになり、

        そのMarket Priceとやらを聞いてみると、、

        「1キロ500000ドン(2500円くらい)」だと。


        スコットは意外な高値にびっくりしたのか、「どうする?これでいい?」と少し躊躇気味に判断を私に委ねる。


        私は内心、「男ならびびらずに即決しろ。カニがどんなに高級食材でもベトナムの物価を考えればたかがしれてんだろ。」と悪態ついていた。

        私が、これとこれ注文しよう!と言って、やっとしてくれた。


        ウエーターが去ってから「今日のランチは高くつきそうだね」とスコットが一言。

        またイラっとしました。

        このへんから私の怒りのボルテージがどんどん上がっていく。



        確かに今まで食べてたフォー(1杯250円)に比べたら高いけどさ。

        でも、カニだよ?!高級品だよ?

        日本で食べたらもっと高いわ!

        旅行中くらい好きなの食わせろっっ!と言いたい気持ちを抑えて…


        そんなに高くて払いたくないならじゃあいいよ、という嫌味を込めて、

        「いいよ、理菜がカードで払うから」と言った。


        そのあとのスコットの言葉。


        「おっけー、いいね!(Sounds great)」


        はあああああああ?

        Sounds greatじゃねーだろ!

        そこは「いいよ、俺出すよ」だろ!普通は!!

        お前は2500円のカニ代さえも出してあげれない男なのかよ!!!

        私は2500円のカニに値しない女なのかよ!!!


        なんかショックと怒りで、そのあと終始無言でカニと鯛を食べました。(新鮮で超うまいはずなのに、険悪すぎてまずい飯だった)





        何を隠そう、私は父がケチだったせいで、ほんとにケチな男が嫌いだ。


        貧乏でお金が出せないのはわかる。


        けどお金があるのにケチなのはタチが悪い!

        嫌悪感すら覚える!


        もちろんスコットはそんな男ではないから結婚したのですが。


        今回の怒りポイントは

        何万円もするディナーを食べさせろと言ったわけでもない

        旅行中なので、地元名物の美味しいものを食べたいという妻に

        自分の収入を考えれば2500円のカニを奢ってあげることなんて屁でもないはず


        なのに


        ここで私に払わせようとした根性が気にくわない!!!




        誤解のないようにいっておくと…

        私はスコットにすべて払ってもらおうとは思っていません


        今回は旅費もホテルもご飯代も折半。

        働いてるうちは、最大限自分も貢献したいから。


        だからこのお会計(2人で4000円だった、それでも安い)だって喜んで払うよ。


        でも旅行先で少し高級なお店にきて、「高いご飯になるなぁ」と言ったり

        「じゃあ私がカードで払うよ」と言ったら

        「Sounds great!」と妻に払わせるそのケチさに嫌悪感が止まらない!!!


        私がおかしいのでしょうか、、、



        そのあと1分ほど無言で外を歩き続けていたが堪えきれず爆発←怒りの沸点低すぎ


        「旅行先で美味しいご飯食べるのケチケチしてんじゃねーよ!」


        「じゃあお前は毎日ケンタッキー買ってろよ!」


        「あのお会計、私に払わせるなんて信じらんねー!」→スコット「理菜が払うって言ったんじゃん!」と反論→「それでも、いや俺が払うよっていうのが男だろ、夫だろ!」


        「今回の旅費代を全額出してから言ってみろ!」(これはまじで言い過ぎた、すまん)


        などなど…


        キレると言いたいこと全部吐き出すまで気が済まないのでマシンガンを連射


        さすがのスコットもケチと言われ少しイラっとしたのか、、


        「高いって言ったのは、今まで食べてたランチより高いって意味でたいした意味はなかったのに、理菜は変に解釈しすぎだ」


        「全然払うつもりだったのに、理菜がお会計を僕から奪って払いにいったんじゃないか」


        「ってか、いつも僕がたくさん払ってるじゃん。人のことケチみたいに言わないで!」

        ↑これは日本での家賃や外食のことを言ってるらしいが今は関係ない。ここはベトナムだ。



        私は言い返されてさらにヒートアップしていく一方だったので、約3分後、スコットが折れてくれました。笑(気持ちの切り替えの神)


        「ごめんね。ごめんね。そんなつもりで言った言葉じゃなかったのに、理菜を落ち込ませてごめん。あんなこと言わなきゃよかった。バカだったよ。お会計だって俺が払うべきだった。本当にごめん」と。


        ↑ケチだのなんだの言われたあとに、こんなことが言えるスコットを、本当にすごいなと尊敬、感動すら覚えました(感心してる場合かよ)



        先のことは考えず、今の怒りと感情に任せてありとあらゆる爆弾やミサイルを連射しまくる私と

        いつも冷静で、どうすることが2人にとってベストなのかを常に考え(ここでの場合、せっかくの旅行中に妻の機嫌が悪いとつまらない旅行、嫌な思い出になってしまう、だからまず機嫌を直してもらおう!と)行動するスコット


        もう、みてください!

        この正反対にもほどがある性格を。もはや似てるところが何もない夫婦。


        だからうまくいってるのかな??←正当化

        いかなる場合においても、スコットは確実に状況を良い方向へと向かわせてくれるな〜

        彼はコンパスみたいな人だ!


        (例えがありきたりな上になんだこの終わり方は!)


        このあとは機嫌直り、2人で仲良くプールで遊びましたとさ^ ^

         

        comments(0), trackbacks(0), -
        リアル復活したお
        category: 旅行レポ
        0

          知ってるよ!って人がほとんどだと思うけど笑。


          タイトルにはリンク貼れなかったので

          うまくコピーできなかったよー!と言う人のために。(いないか?)

          http://d60.decoo.jp/diary/rinakkuma417/?t=1506796601

          ↑ここから飛べます


          ただ今絶賛旅行中なのでそっちの更新がメインになります(*^^*)


          帰ったらゆっくりブログも書く。


          カンボジア、いろいろ思うこともあり、きてよかったなと思える国でした。

          明日からはベトナムです!

          フォーを食べまくるぞ\(^ω^)/


          あと普通にスコットといるのが楽しいです。笑←もうノロケは聞き飽きたよ!


          昔は、旅行するとイライラすること多かったけど

          最近はもう2人での旅が慣れてきたからか、喧嘩することもなくなった!


          というか夫婦になってから喧嘩したかな?ってくらい(まだ半年だけど)

          どんどんお互いの愛情が増殖(?)していくのを感じるよ〜

          彼氏彼女のときとはまた違う

          見返りを求めない、一生絶えることのない愛情の滝←大げさすぎる


          とはいえ

          デートはマンネリ化してきて、家でゴロゴロするのが常だから…

          旅行だと毎日一緒に出かけて、いろいろ見て食べて、たくさん経験できて新鮮でたのしいなぁ。


          いつもはしない深い話もしちゃったり。




          ずっとだと疲れるけど←たまに1人になりたくなる人


          明日、アンコールワットの日の出を見るために4時半起きなんだけど、、(現在0時)

          正直あまり乗り気ではない、、

          写真で見ればいいじゃん!と←旅行してる意味


          こういうプレッシャーあると余計寝れないんだよな〜

          はあ、腹痛だの不眠症だの、ったく面倒な身体だぜ!

          (´-`).。oO



          明日、私がちゃんと起きれたかどうかの確認は、リアルでどうぞ!←番宣風に(誰も興味ねーよ)


          comments(0), trackbacks(0), -
          排卵痛がガチで辛い
          category: -
          0

            いきなり生々しい話ですいません。

            勝手にここの読者は女性だけだと思ってるのでこういうことも書いちゃいます←

            ま、男性の読者がいても、女性にはこういう痛みもあるんだということを覚えておいてください←誰や


            2週間ほど前から、低容量ピルの服用をやめました!
            ピルはかれこれ2,3年はお世話になってましたが
            やめた理由は妊活のため。

            やめてみて、今まで自分はピルに守られていたんだ、と気づきました(失ってから気づく大切さ…ってやつ)


            人生で初めて感じる排卵痛。
            てか今まで排卵痛ってものがあることすら知らなかった←

            文字通り、排卵するときに伴う痛みのことで
            生理痛よりもチクチクした痛み?らしい←俄かの知識

            ま、たぶんそうだろうってだけでこれが排卵痛なのかもわからないけど、時期的にはそう。


            まー、これが辛い
            生理痛も相当重いが、何が辛いって
            イヴが効かない

            私にとってイヴはお守り、精神安定剤←使い方違う
            いつでも持ち歩いてるし、少しでも生理痛や頭痛があれば飲む。
            飲んで効かないことはなかった


            なのに!

            排卵痛には効かない

            いや、正確には、飲まないよりは痛みは軽減されてると思うけど
            それをも凌ぐ痛さ
            リアルに泣いてた。
            排卵痛で泣くとかどんだけ痛みに弱いの。


            ピル飲んでる時は排卵痛なんて一切感じたことなかったので

            ピル様々ですね…(今ごろ気づいても遅いのよ)


            今日はせっかくの休日なのにずっと寝たきり
            とにかく痛いし動けなかった
            夜にスコットと予定あったけどドタキャン。

            スコットなりに色々調べてくれたのか、あったかいお湯を保温の水筒に入れてくれたけど(湯たんぽの代わり…かな?)水筒自体はステンレスで冷たい。意味ない…笑

            はあ…

            楽しみにしてたカンボジア&ベトナム旅行も今週に控えてるっていうのに気分は全然晴れません。 この状態じゃ行けないわ…

            どうか良くなってくれますように( ;∀;)
            comments(0), trackbacks(0), -
            字幕なしで映画が観たい
            category: -
            0

              20歳の時にシアトルに行き、
              それからというもの、波はありながらも英語に触れてきたこの7年間、、

              がしかし、実はまだ字幕なしで映画が見れません・・

              何度も映画館は行きました
              ロンドンでもオーストラリアでも。

              これがまったくわからない(笑)
              わからなすぎて、よくこんなんで自分英語話してるなーって思うくらい。
              (話せていないのか実は?笑)

              そろそろ克服しなくては。

              克服したい理由は、ただ海外の映画館で映画が観たいから。

              今は日本にいてどこにでも字幕があるからいいけど
              将来海外に住んだら、映画館で観れなくなっちゃう。

              スコットも私も“映画館”という場所(とポップコーン)が大好きなので
              それなしの人生なんて考えられないのです!!!


              というわけで始めました。

              これ。



              わかりますかね?

              字幕にガムテープ。

              TVつけてると目立たないけど、消すとめっちゃダサいやつ。


              しかもすぐ剥げる…


              何故こんな原始的なことをしてるかというと、
              NetflixとHuluは字幕オフができるんだけど、
              Amazonプライムはできない!!←イラッ


              個人的な意見で
              Huluは国内&海外ドラマが充実してて、
              Netflixはオリジナルコンテンツが秀逸。

              そしてAmazonプライムは・・・
              コメディのラインナップが最高!
              (だから3社とも契約してる良いカモの私)


              英語学習にはコメディが一番!!

              理解できないところがあっても、だいたい1話完結だからね。
              SFとかサスペンスを観た日にゃ、一瞬でやる気失せます。

              見始めたのは、How I met your mother
              邦題が『ママと恋に落ちるまで』って…ダサすぎんだろ(笑)だから日本で人気ないんだよ…



              数年前に字幕ありで見てめっちゃハマったドラマ。
              これならストーリーもだいたいわかるだろう!

              てことで挑戦したけど
              やっぱり分かって7,8割。
              わかんない単語やジョークがたくさん出てくる。



              ここで便利なのは、ドラマの原稿が読めるサイト!!!←すでにカンニングしてる人


              こんな風に。(引用サイト
              全シリーズの全話が載ってる。すごい!


              わかんない単語が出てきたり話についていけなくなったら、ここでチェック!日本語訳はないけどね。


              このドラマ、ストーリーも本当に面白いので英語学習にも暇つぶしにもオススメです(^O^)

              さて、字幕なしで100%理解できる日はいつくるのでしょうか…?!
              comments(0), trackbacks(0), -
              相手の喜びが自分の喜びになる幸せ
              category: -
              0

                昨日、仕事でスコットに良いことがあったようです!

                詳しい内容は聞いてもよく理解できませんでしたが(おい)
                新しいプロジェクトを本社のお偉い方にプレゼンする日だとか。


                3連休の間も家で練習していて、
                上司に相談して何度も手直しを加え、
                すごく大事なプレゼンなんだってことが伝わってきて応援してました


                それが昨夜帰ってきたスコットからうまくいったとの報告!
                満面の笑みで、いつも静かな彼が饒舌に話し出す。
                本社の人がとても気に入ってくれて来週から本格的に動き出すとか。


                それ聞いたとき、嬉しくて涙が出ました←お前は何もしてないだろ!!


                もともと人前で話すのが苦手なスコット(人のこと言えないが)が頑張って練習をしてた姿を見てたし、
                それが人に認められるって自分にはできないことなのですごく尊敬するし
                その妻として誇らしくなるし

                本当に良かったね、頑張った甲斐があったね、と思ったら泣けました(いきなり泣き出す妻に驚くスコット)


                なんか、夫婦っていいなぁって思いました!←いきなり何


                自分は全く関わってないことでも、
                こうやって夫のしたことで、
                誇らしくなれたり喜んだりできる幸せ。

                一人では感じられないことなので
                結婚して良かったなぁって思いました^ ^

                子供ができたら子供の頑張ったことや認められたことが
                自分のことのように喜べるんだろうな〜

                幸せが増えていくのが今から楽しみです!
                comments(0), trackbacks(0), -
                本の話
                category: -
                0

                  最近、ほんとに本に悩む。

                  読みたい本が見つからなくて、でも読みたくて、
                  本屋で1時間以上同じとこぐるぐるなんてザラにある。

                  それでも結局なんか買わないとだから(借りればいいんだけどね…図書館って意外と近くにない)
                  『ええいっ!』と買ってしまったものがほんとに駄作だったりする、、
                  時間もお金も損した気分。←というか損している

                  たぶん、私の好みが偏りすぎてるんだろうなぁ、、
                  基本的に女流作家しか読まないし(男性で読むのは伊坂さんと恩田さんくらい)←あやからの指摘で恩田陸さん、女性でした。すいません(笑)

                  人気作家と言われてる人のを読んでみても、テンポが合わない(非常によくある)表現がしっくりこない、言葉のチョイスが下手とかよく思う。←何様なんだ

                  そう思うとほんと江國さん、角田さん、小川さんは文章のセンスが天才よ!!!
                  崇拝するレベル!


                  江國香織さん
                  角田光代さん
                  小川洋子さん
                  ↑ここはブレないトップ3!

                  山田詠美さん
                  川上未映子さん
                  川上弘美さん
                  唯川恵さん
                  林真理子さん

                  がとくに好きなんだけど
                  悲しい哉、もうほとんどの作品を読んでしまったという…
                  (ハマると全てコンプリートしないと気が済まない性格)


                  このブログ読んでる人で趣味が合う人がいたら
                  上記以外でおすすめの作家さん教えてほしいなー
                  できれば女性の。(完全に男女差別)


                  そろそろ新しい作家さんにハマりたいよ〜〜!!!

                  comments(5), trackbacks(0), -
                  Ultra
                  category: -
                  0


                    今日は初ウルトラに参戦してきましたー!


                    あいにくの雨でしたが…

                    ↑みんなレインコート(笑)


                    EDMのフェスはずっと行ってみたかったから実現できてよかった( ´∀`)

                    3日間とも目玉となるDJがいたので全部行きたかったけど・・
                    なんと3日通し券は4万円!!!ひょえー!

                    金欠の私には1日券が限界でした!

                    んで、なんで今日にしたかというと大好きなチェインスモーカーズというDJが出るから!


                    ↑いつもパフォーマンスめっちゃかっこいい。

                    半年前にある曲にハマったのがきっかけで好きになって今ではほぼ毎日聴くくらい!

                    だからチェインスモーカーズが日本の国旗もって出てきたときはもう嬉しくて飛び跳ねまくったよーー(o^^o)

                    フィナーレは花火も打ち上げられ感無量で涙。
                    ↑周りが酔ってウェーイってやってる中に泣いてる頭おかしい人


                    ほんとに楽しかった、
                    旦那と音楽の趣味が合ってフェスも楽しめるっていいね(^^)



                    周りから被害を受けないよう(みんな踊りまくってるから)ずっと守ってくれてたのも男らしかった!←惚気

                    また来年も、もしくは海外のフェスに行きたいな!!




                    さてさて話は変わりまして、
                    前回のブログでひとり旅宣言をした私!

                    着々とリサーチを進めていました!
                    行きたいところはベトナム。
                    まだ訪れたことのない未知の世界。

                    女1人でも治安は大丈夫なのだろうか?
                    ホーチミンとハノイどちらがいいのかな?
                    カンボジアも寄ってアンコールワット見るのもありだな、等々…



                    そこへ…

                    スコット『まだ有給8日残ってた』と衝撃発言。


                    もともと、スコットが休み取れないからという理由で
                    ひとり旅を企画してましたが
                    スコットの有給計算ミスだったらしい


                    来れるんかーいっ!

                    というわけで結局、2人で行ってきます!←

                    10月5日〜16日です(^O^)楽しみ♪
                    comments(0), trackbacks(0), -
                    脱皮
                    category: -
                    0

                      支離滅裂なブログになってしまいました。
                      すいません!



                      最近、よく私が旦那に愚痴ること
                      それは
                      『毎日変わりばえしないなー』ということ

                      というのも、
                      在宅で仕事をしてるから人に会わない話さない(週1のスカイプ会議だけ)からかもしれない。。

                      空いた時間は映画やドラマ観て過ごしたり(たまに)運動したりTOEICの勉強したり
                      夜はデート行ったり
                      友達と会ったり飲み行ったりするのも大好きで

                      一般的に言えば、
                      きっとこの生活は充実してると言えるんだろうけど


                      でも私は
                      それだけじゃあ足りないのぉぉぉぉ!!
                      ←貪欲


                      刺激がほしい!!!!!

                      そういえば、結婚してから今まで忘れてたけど
                      私っていつでも刺激がほしい人だった(//∇//)←知るか


                      刺激といっても恋愛だけでなく、
                      新しい場所に行くとか、
                      新しいことを始めることで得られる刺激のことね


                      ロンドンから緊急帰国した末に念願だったスコットとより戻すことができ、
                      結婚に向かって、2人の絆を深めていく過程も、今思えば刺激的だった!

                      いつプロポーズしてくれるのだろう?
                      クリスマスかな?とかね
                      思いっきり焦らしたときもありました←怖いフィアンセ

                      それが功を奏し、プロポーズしてくれ幸せ絶頂!
                      入籍や結婚式、ハネムーン
                      刺激的で飽きることのない毎日だったよ




                      それが今、
                      落ち着いてしまった!←切り替え早い人〜


                      刺激の皆無さよ。


                      結婚前はどうやって刺激を受けてたかというと
                      みなさんご存知の通り、とにかく海外行ってたから。


                      私にとって異国は刺激そのもの

                      話せない言語と慣れない文化
                      毎日が発見の連続
                      不便やトラブルしかないけどそれもまた楽しくて

                      あの頃はその刺激のために生きていたって言っても過言ではないね


                      私だって初めから、海外かぶれで刺激がないと死んじゃう女だったわけではありません!
                      (刺激に関してはおそらく幼少期から求めてた←ただのトラブルメーカー)


                      なにがって、
                      シアトルですよ。
                      シアトルで過ごした1年が私をこんなにも変えてしまった

                      誰も自分のことを知らない国で
                      住むことの開放感!

                      今まで被ってたものからパーっと一皮むける!という感じ。

                      私はシアトルで脱皮したんだ


                      脱皮後の私は、
                      気が狂ったかのように
                      オーストラリアやらロンドンに住んで働いてみたり
                      大嫌いな大学戻っても、長期の休みは旅行の計画ばかりで…

                      結果、
                      海外でないと刺激を受けられないカラダ(?)へと脱皮してしまったのです!


                      日本でも意識高い人は起業したり趣味見つけて刺激を受けられるんだろうけどね…


                      とにかく今の私には刺激がそう、必要だ!
                      じゃなきゃ死んでしまう!!


                      と、いうことで今月末から海外に一人旅します!←突然の宣言

                      一人旅は以前、プーケットに1ヶ月いて超ヒマで辛かったので、今回は1週間か10日くらい

                      行き先は東南アジア。
                      バンコク、ラオス、ホーチミン、ハノイなどなど行きたいところはたくさん




                      とにかくのんびり異国で過ごして
                      エネルギーをもらって帰ってきたい!!!


                      なんて行ってるけど、行ったら行ったで寂しくて死にそうになるやつ。(笑)
                      comments(0), trackbacks(0), -
                      New Entry.
                      Category.
                      Archives.
                      Comment.
                      Trackback.

                      Profile
                      Calendar
                      SMTWTFS
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << January 2018 >>
                      Recommend
                      参加ランキング
                      にほんブログ村 海外生活ブログへ
                      にほんブログ村
                      Links
                      Mobile
                      qrcode
                      Others
                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      Search