スターウォーズが早く観たい件
category: 自分
0

     

    やばい!ブログを1ヶ月以上更新してなかった。

    リアルにすべて書いてるから書くことがない説。

     

    旅行から帰って早1週間。

    (旅行レポも書いてるけど進まず・・・

     

    スターウォーズの公開日から早5日。

     

    いつもなら気になる映画は(ネタバレが怖いから)公開直後に行く私たちだが、

    物件探しなどでバタバタしていて行けず、、

     

    スコットの誕生日(23日)に行くことになり

    せっかくなら一番良い席で観ようじゃないか!とチケットの発売を今か今かと待っているところ。

     

    映画のチケットって2日前からしか予約できないんだね。(TOHOの場合。他は知らん)

    なんでだろ?ドタキャンする人がいるからとか??

     

     

    そしてスターウォーズ、

    正直今までそこまで興味がありませんでした、、

     

    スコットが好きだから直近の2作(エピソード7、ローグワン )は観てて、もちろん面白かったんだけど

    その前のやつを観てなかったからストーリーは関係なく、その映画だけで楽しむ感じで。

     

    スターウォーズでとくにすごいと思うのが、

    いきなりエピソード5を観るとか、前後の話を知らずに観ても、普通に面白いんだよね。

     

    1話完結じゃないのに、ちゃんと見所のシーンがあって、決着があって、感動があって。

     

    でもそれだとしっかりとは理解はしていなくて、スコットとスターウォーズが語れない。

    というわけで満を持してようやく

    エピソード1→2→3→ローグワン→4→5→6→7と観ることにしたのだが・・・

     

     

    なななんと、

    単体で観るより100万倍くらい面白さが増したのだ!!!(当たり前だ)

     

    ちゃんと話がわかる!

    キャラクターが覚えられる!

     

    何故こいつがこうなったとか、どうやって産まれてとか知れて、愛着が湧く!

    そして歴史全体がわかるので物語の奥深さが増す!

     

    なんで今まで興味がなかったのか、昔の自分を殴りたいくらいの発見。

     

     

    で、この経験から思ったのだが、何事も食わず嫌いは良くないなと。

    私、映画以外にもそういうことがよくある

    ウォーキングデッドも『ゾンビもの興味ないわ〜』と言って長い間拒否してたけど観たらハマって。

     

    ただ面倒なだけなのを、理由つけて『興味ない』と片付けてただけだったんだなーと。

     

    そういうのよくないなと思いました。

    何事も、観たことも聴いたことも食べたことも行ったことも体験したこともないのに

    否定するのは良くないね。

    やってみて、嫌いだった、合わないならそれでいいし。

     

    (というわけで今まで何故か毛嫌いしてたロードオブザリングも観るよ。こんなに人気なんだもん、面白くないわけがないからね…)

     

     

    こうやって自分の知らなかったことを知れるから友達や好きな人って、いいよね。

     

    私は映画と言ったらロマンスかラブコメしか観ないようなお花畑女子だったんだけど、

     

    スコットのおかげでSFやアクションや、

    それこそいろんなジャンルの映画や海外ドラマも観るようになって

    興味や好きの幅がすごく広がった。

     

    夫に限らず、私は大事な人からの影響をよく受けるタイプで

    小さいときはとにかく兄が好きな音楽や本をそのまま好きになったし(ピロウズも江國香織さんも兄から)、

    GO!GO!とかUVERworldとか東方神起とかもえりすの影響でハマったり(笑)

     

     

    私にとって映画やドラマや音楽(その他なんでも)って人と共感して楽しむものなんだなぁ。

     

    まあ、だからブログもやってるのかな。

    私が楽しかった体験やいいと思ったものを誰かに知ってほしい、っていう気持ちで。

     

    たった一人でコソコソ楽しむよりも、誰かに勧めてもらったり、勧めたりして、

    一緒に分かち合って、たまには違う意見もあるけどそれも良くて、

    そうやって、作品がもっと価値のあるものなっていくんだなあって。

     

    スターウォーズ観てそんなことを思ったよ

    (話なげーわ)

     

    comments(0), trackbacks(0), -
    ウォーキングデッドとかの話
    category: 自分
    0

      ∴ドラマ内容のネタバレは含みません



      さっき、ウォーキングデッドのシーズン8の3話を観ました

      飽きっぽい私がこんなに長いシリーズのドラマを観るのは珍しい…

      というか最長記録かも。

      大好きなブレイキングバッドもシーズン5とかで終わりだもんね


      まあ〜別に長けりゃいいってものでもないけど、

      こちらも意地になるとこあるよね。

      ここまで観たんだから、最後まで観ないと時間の無駄になる、みたいな心理が働く。


      ウォーキングデッドは普通に面白いから観てるのだけど。

      というか俳優が好きだから。

      というかダリルが好きだから。←そこかよ




      この俳優のインスタもフォローしてるんだけど、めっちゃおもしろいんだよね。

      変な合成写真とかよくアップしててそういう茶目っ気があるとこも可愛いし好き。


      ドラマ中のダリルはただただかっこいい。強いし。

      出てくる度にキュンキュンしちゃうよ〜

      シーズン8は登場シーン少なくてショックだけど。

      ダリルの他は、マギー(&グレン)が好きです。


      最近やっと気付いたんだけど、私の海外ドラマにハマる基準って

      ストーリーよりも登場人物のキャラクター次第だってことにね。


      有名どころでいうと、プリズンブレイクとかスーツとかロストとか、一応何話か観たんだけど、なんか惹かれなかったんだよなぁ…


      ストーリーは面白いし、俳優もイケメンなんだけどキャラクターがあんまり好きになれなくて。


      その点ストレンジャーシングスとかブレイキング バッドは俳優もキャラクターも最高だからなぁ。

      どこがすごいって、キャラクターみんな好きになれちゃうの。

      普通に好きくらいのレベルのドラマ(ウォーキングデッドとか)だとまあ数人好きなキャラいる、くらいだけど、

      殿堂入りレベルのドラマだと全員好きになれる!(もちろん中でもお気に入りはいますが)




      ちなみにNetflixで再開された『あいのり』も毎週楽しみにみてる!

      中学の頃見てたのと変わらない面白さ!



      男子が草食化してたりと時代を感じるしw

      ただMCにベッキーがいるのはムカつくけど。←

      不倫してたやつが偉そうに恋愛語ってほしくないなー(お前は何様なんだ)


      テラスハウスみたいにYOUがやってほしかった!徳井と山ちゃんコンビもオードリーに格下げ。こいつらそこまで面白くないんだよなぁ…(言いたい放題かよ)


      NetflixかHuluかAmazonプライムで観れるおもしろい海外ドラマあれば教えてくださーい∩^ω^∩

       

       

      comments(0), trackbacks(0), -
      騙されたと思って
      category: 自分
      0

        ストレンジャーシングス、観てください…

        ほんと最高傑作のドラマです。


        Netflixでやってます。

        入会してない人も期間限定で無料キャンペーンとかもやってると思うので

        入って観てください…




        詳しいことは何も言いません!

        今シーズン1とシーズン2が出てます

        思わず一気見する面白さです…


        ジャンルはSF映画です。

        ハラハラドキドキします。

        グロはそんなにありません!


        子供たちが頑張るドラマです


        とくに主人公のイレブンがやばいです

        彼女のせいで切なくなったり嬉しくなったり

        涙なしでは見られない作品。



        ほんと、観て…

        観てつまらないという人がいたら…そのときは土下座して謝ります。笑

         

        comments(0), trackbacks(0), -
        2010年は…
        category: 自分
        0
          こっちにきて人生最大のデブ期が到来…!
          というわけで、ダイエットを少し始めました。

          と言っても、別に走ったりしてるわけではないのでたいしたものではないですが
          夕食をサラダとかスープとか野菜系に変えてみたんです

          そしたら1週間くらいで友達にちょっと痩せた?って言われて(たぶん勘違い)
          めちゃくちゃ嬉しかったです
          実際変わってないんですが、気持ち的にね!!



          ダイエットを始めてからなんとなく気分もいいです
          というのも、ダイエットは痩せることに意味があるわけじゃないと思う
          いや、それが目的なんだけどそれよりも、
          理想の自分に向けて努力ができるってことに大きな意味があると思う

          このブログでも何度も言ってることだけど、
          1つを頑張るといろんなことを頑張れる気がするの

          逆に1つさぼると全部だめ。
          体型維持も、部屋の掃除も、勉強も、美容も、全部繋がってることだから

          このどれか一つでもいいやって思っちゃうときって、全てにやる気が起きなくて
          自分が嫌いになって性格も卑屈になり負の連鎖…
          めんどくさい、っていうのが一番だめ。めんどくさいことからやらなきゃ!

          意外と完璧主義なとこもあるのかもね、
          自分が満足できるレベルでいいから理想の自分でいたい。

          アメリカにきてよかったと思う一番のことは、
          もう一度頑張る自分に出会えたことだと思う

          今思い返してみれば中学、高校、そして浪人時代はわりと頑張ってた方だと思う
          遊びはしてたけど、テスト前は悪い点数取るのが嫌でちゃんと勉強してたし、
          行事も(好きだったから)人一倍やる気出してたし・・・

          浪人時代もまあ、授業は怠けてたけど読書したりランニングしてたりで毎日充実してた
          結局は、頑張ってる自分が好きだったからだろうね


          それが大学に入って、急に頑張ることが見つからなくなった
          サークルも遊びだったし、授業も何にも聞いてなかったし、
          テスト前の勉強もしなくなったし・・・

          そんな自分がどんどんくだらなく見えてきて、
          大学生ってなんて退屈なんだろうって思った

          きっと、頑張ってこなかった人はあの怠惰な毎日で満足できるのかもしれないけど・・
          私は充実した生活がどんなに楽しいかを知ってたから、
          飲んだりさぼったりすることが、色褪せて見えてしまったんだと思う


          頑張ることがあることってステキだと思う
          どんな大学生も、たしかに難しいことだけど、それを見つけるべきなんだよね
          頑張らないで4年間過ごしたら、この先の人生も何も頑張れないよ
          べつにそれは海外にあるわけじゃない
          私はたまたま海外にきて見つけたけど、日本にいてもどこでも見つかるはず

          あ〜ひさしぶりに向上心という言葉を思いだした!!!
          好きな言葉は「前向き」の次に「向上心」です。←忘れてた


          人と比べなくてもいい、人と自分は違うから!
          自分との戦いだから、向上心だけは忘れずに。2010年、ほんとにいい年でした。
          たしか2009年は「迷」の年でした(ブログにもそう書いた気がする)

          それが一転して、思いもよらない年になりました。
          20歳になり、初めて海外に行き、留学するなんてびっくりだね。
          ということで2010年は気持ち新たに、スタートを切ったという意味で「新」の年です。


          2011年はどんな年になるんだろうか。楽しみだなあ…みなさん来年もよろしくお願いします。
          comments(0), trackbacks(0), -
          全てのチャンスボールにフルスイングを。
          category: 自分
          0
            今日、もともと学校あんまり行く気なかったけど
            起きたら13時を回っててびっくりした…
            しかし体調は回復の一途をたどるつもりが、そうでもないみたい

            今までめったにこじらせたことなかったのになあ…
            これが年をとったということか…

            熱がめっちゃあるわけじゃないんだけど
            なんとなくぼーっとしてるし少し動いただけでも疲れちゃう。
            いつもうざいくらいうるさい私がねー…
            あの元気だった自分が今じゃ信じられんよ

            動きたくなかったけどプレゼンの最終打ち合わせのために学校へ。
            学校着いた時点でかなりふらふらだったがw

            打ち合わせ後、明日テストだってことを思い出しカフェテリアで勉強
            動かないで済むから勉強は楽だったけども…頭に入ってるかは不明。

            帰ったら、家族みんなが心配してくれた(:_;)

            風邪をひいて肥えた体が少しでも痩せることを期待したけど、
            この家じゃそうはいかないみたい。
            ホストパパが大量のチキンとサラダと、
            食後にはアップルティーとクッキーを用意してくれました
            ほんとに病人なのかってくらい食べた。いいことですね←

            それで明日の練習がてらに、家族の前でプレゼンしたんだが
            パパがわかりにくい表現とか文法ミスを細かくチェックしてくれた(^−^)

            まじで助かる!
            ネィティブにしかわからないリズムとかあるだろうしねー

            これで明日は万全!(だといいな)
            緊張さえしなきゃうまくいくはずなんだがね…



            テストにしろプレゼンにしろ、私の場合、
            競う相手はクラスメートじゃなくていつも自分なんだ

            受験のときもそう思ってた

            人に勝っても、別に嬉しくないし
            人に負けても、別に悔しくない

            だって人は人だもん
            クラスメートはいつかはライバルじゃなくなる
            でも自分は死ぬまで自分のライバルだと思う

            悔しいのは自分に負けたとき
            ベストを尽くさなかったときが私は一番悔しい


            私がほんとにほしいのは順位より自分の満足感なんだ…

            ってわけで寝ます。自分の健闘を祈る!
            comments(4), trackbacks(0), -
            メンタルで生きてます
            category: 自分
            0
              学校始ってもう2週間
              シアトルきて3週間

              英語能力は全く向上した気がしませんが←
              楽しい毎日を送ってますw
              クラスでは一番英語できないし、
              劣等感を感じない日はない

              けど、私は誰よりも人生の楽しみ方を知ってる!
              気がするw
              どこでも楽しめる自分はほんとにメンタルだけで生きてるんだと思う^^
              英語のできなさにへこたれるし、悔しいし、焦るけど
              人と比べたってなんにもならんよ人生
              英語力だってなんだって、みんなそれぞれスタートもゴールも違うんだから
              比べようがないじゃんね〜

              だから私は存分に一年間楽しみ尽くすと決めた!!!
              (ただの開き直りです)

              せっかくUSAきてんのに悩んだり沈んだりしたらもったいないからね!
              悩んで話せるようになるわけないから
              楽しみながらまぁ英語も話せるようになったらラッキーかなと!!
              まじ自分ポジティブすぎてうけるwww

              最初は家で日本語使うのとかちょっと肩身狭い気がしたけど
              マザーもやたら日本語使うしもういいやって感じ←

              一番楽しいのはやっぱ土日じゃんね♪
              この前の日曜は超でかいフェスティバル?行ってきた
              USAで5番めにでかいお祭りらしい…まじ規模半端ない!
              とにかく、店の数が膨大で、たぶん3日くらい回らないと制覇できない…
              規模はディズニーランドくらいだけど、
              ディズニーのように素敵に統一されてなくて、
              とりあえずいろんな店とアトラクション集めましたって感じ

              絶叫系のアトラクションが20〜30個あって遊園地かと思いきや
              暖炉や風呂が売ってたり←誰が購入するのか
              手品師がいたりプロレスやってたり
              牛や馬やアルパカやブタがいたり…ほんとカオスw
              しまいには車まで売ってたし…
              なにここ?ってかんじ

              アバウト加減がさすがアメリカw

              フェスのあとは公園でフリスビーとかサッカーして遊んだ!
              雨なのに裸足でwアクティブすぎる!!

              その後はじめて友達のホストの家泊まったんだけど
              そこがまたお城のような家でさ……格差社会を目の当たりにしたw
              なんで家にシアタールームやビリヤード台あるの?ww
              家ひとつなのに車5台所有してるのはなぜ??などなど

              リッチになりて〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜^^!と心から思った
              そのためにビジネス学んでるんだけどね!
              教科書読むとやたら起業勧めてくるけどな〜
              そんなに自分では起業したいとか思わない…
              大変そうだし←そりゃそ〜や


              とりあえずリッチマンを見つけるのが先決やね!←人任せw
              今日ドライブしてたら超絶イケメンいてみんなで騒いでましたww
              くそ〜英語さえ話せたら………!!!!


              では(*^_^*)
              comments(4), trackbacks(0), -
              能力は自分を裏切らない
              category: 自分
              0
                さてさて久しぶりに日記でも書こうかな_alt_str_i_F991.gif_

                今日はわたしの人柄について・・・


                浪人中は学校とかなくて
                代ゼミも浅い人間関係だったから
                うまく溶けこめない自分とか
                それでも必死になってる自分がいて
                自信なくすことが多かったんですよ実は

                みんなに好かれてないんだろうとか
                誰も自分に興味ないなとか考えて

                そりゃ好かれようとしてないんだから
                当たり前なんだけどさ( ^ω^ ;)

                私はいわゆる
                『誰にでも好かれる人柄の人』とか
                『なんか憎めない人』とは
                かけ離れた人柄だから、
                というかどちらかと言えば
                嫌われやすいタイプだと思うんだな
                (自覚症状あり)

                でも、みんながみんな嫌うわけじゃなくて
                仲よくなった人は理菜がいると場が盛り上がるとか言ってくれたり、
                私の文章を読んで誉めてくれる人がいたりするわけだから
                そこまで自分を卑下する必要はないなと思う日もある

                というか毎日そう思って
                前向きでいようと思ってる
                たとえ私を嫌いな人がいてもね


                っていうか自分を嫌う人がいたって、
                結局は自分が優れていれば
                認めてもらえるんだよね、と

                本当に性格が悪くて、
                何も能力もないんじゃあ
                確かに嫌われて仕方ないとは思うけど、

                ちょっと気に入らない奴だなと一見して思われたとしても
                何か光る才能があれば
                そこを認めてもらえるし、
                実は性格だってよくみられるかもしれない
                (というか悪いと思われたのも誤解だったのかもしれない)


                私がどうしても文学をやりたい所以は
                そこにある!

                見た通り国語ぐらいしか
                取り柄がない私ですから
                私から文学をとったら何もなくなる

                誰にでも好かれるタイプじゃ決してないなら
                文学学んで、みんなから認められるような文章書くしかないと思う

                もともと人柄がいい人は
                そんなことしなくても嫌われないし
                得だなぁと思うけど、

                逆手にとって考えれば
                人柄は何か些細なできごとで印象が悪くなってしまうことがあっても
                能力は人を裏切らないと思う

                だから能力を伸ばす、勉強する、という逃げ道があってよかったと思うよ

                何事も人柄で決まってしまう社会だったら
                敵を作りやすい私は到底やっていけない




                こっからは少し論点がずれるけど

                今年の早稲田(文)の入試の問題でね
                人はまず、誰かある人を判断するとき
                少しのサンプルで(A君が一回約束を破った、
                B君が一回テストで悪い点だったなど)
                その人の性格や能力を判断して、
                (Aは約束を破りやすいやつなんだ、Bは頭が悪いなど)

                その判断によって
                今後のことを予期して
                その予期に合致するようにその人を見る傾向があるんだって
                (たとえA君が約束を守ったとしても、
                たとえB君がいい成績を取ったとしても
                それら記憶は残りにくい)


                なんか分かるでしょ?
                自分の予期(=先入観)に合うようなことばかり記憶に残りやすくて、
                結果的に最初の先入観が事実となることが多いんだそう

                最初にこいつなんかうぜーなって思ったら何をするにもうざく見えてしまうとかもよくある話で
                好印象なことはなかなか目に入らないんです

                人は自分の判断に反するようなことは
                認めたくないんだって



                という人間の性質を見ると、
                一回嫌われたらなかなかそれを改善するのは難しいということが分かるw

                まぁそれは長い人生の中で痛いほど感じたことでもありますが・・・


                何事も第一印象、はじまりが大事なんだなってそれを読んで思ったのであります

                私はまだ人生をやり直せると思う!
                (今までの人生がそこまで終わってたわけじゃないが)
                新しい環境で新しい私で
                嫌われないようにがんばりたいと思うよ!笑



                といいつつそれが難しいんだな/(^o^)\
                comments(0), trackbacks(0), -
                家族、夫婦とは?
                category: 自分
                0
                  最近家族がほしいってよく思うw

                  うん、もちろん現実的に考えれば
                  結婚はまだ早い

                  けど中学の同級生の中で、
                  子供ができたというニュースを聞いて、
                  もう自分もそう遠い話でもないんだなと。

                  ただ結婚するとなると、
                  子供は絶対ほしいし
                  (できればたくさん)
                  でもそうなると
                  仕事を続けるのは困難だし

                  両立が難しいってのがポイントですね
                  子供のために仕事を諦めるのか・・・
                  まぁまだ自分がガキなので
                  その前に親になれる人間にならなきゃw



                  実際、「家族」っていうものや
                  「親」っていうものが
                  よくわからんから心配だ


                  県高にきて驚いたことの一つは、
                  みんなちゃんとお母さんとお父さんがいるということだった

                  中学の時は、
                  普通に離婚なんてありふれてて、
                  クラスに数人は知っていた

                  けど県高はどちらもいるばかりか
                  夫婦仲が良くて
                  ケンカはそりゃあするけど
                  たまに二人で買い物や食事なんて当たり前といった家庭ばかりだった


                  だからこんなに優秀で健全であたたかい子供に育つのか、
                  と納得したその後に
                  やっぱり自分はそうじゃないのかも、
                  いう思いに至る


                  自分の性格を全部育った環境のせいにするなどという、
                  せこい真似はしたくないけど、
                  家庭環境が子供に及ぼす影響は絶大だと実感した


                  まずみんな門限があって、
                  「お母さんに怒られるから帰らなきゃ」
                  って言うセリフが信じられなかった

                  帰ったらご飯があって、
                  家にはうるさい「お母さん」または
                  厳しい「お父さん」が待っている
                  という幸せ


                  私はそのどちらも持ったことがない
                  今は二人ともとたくさん話すけど
                  ほぼ放任で育てられた(そして今も)
                  といっても過言ではない


                  幼稚園〜小学校の離婚する前は
                  両親共働きでほとんど
                  おばあちゃんに育てられたわけで

                  離婚する前からも
                  仲が良くない夫婦だったので、
                  二人が仲良く話してるシーンなんて
                  全く覚えがない

                  家族四人で旅行やら山登りは
                  人並みにした思い出はあるけど、
                  びっくりするくらい二人は
                  しゃべってなかった気がする
                  その印象が強い


                  もちろんどっちが悪いとか
                  何が悪かったかなんて
                  簡単に言えることじゃないけど、
                  というか私が言えることじゃないけど

                  二人とも悪かったし、
                  何か歯車が合ってなかったんだろうと思う


                  そんなわけで
                  学校で友達から夫婦の話を聞いたりすると、
                  そういえば世の中に夫婦っているんだなって改めて気付いたりする


                  私の中に夫婦のイメージは存在しない

                  頑固なお父さんも、
                  料理がうまいお母さんも
                  その二人が、仲良く話してる場面も。


                  だいいち、血の繋がりのない人間二人が
                  何十年も同じところに一緒に暮らしているなんて、
                  奇跡的で奇妙なことにさえ感じる



                  こういう環境で育ったことは、
                  全て私のせいではないのに
                  たまに罪悪感とか
                  後ろめたい気持ちになるのは何故だろう


                  家庭が複雑であろうが、
                  たくましく元気に生きてるぜって
                  自分に誇りを思うようにしてるけど、
                  些細なことでくじかれたりする

                  それは多分、最高の家庭環境の中で
                  純粋に健全に大切に育てられた人が
                  近くにいるからだと思う


                  勝てないなってどこかで感じてる
                  私には絶対持ちえない何かを持っていて
                  私は一生叶わないだろう何かが備わっている


                  私はあいつのそこに惹かれているんだろうと
                  よく思うのだ
                  comments(4), trackbacks(0), -
                  未来の自分、時間の怖さ
                  category: 自分
                  0
                    やっと夜になって、
                    昨日のランニングの筋肉痛が
                    忍びよってきた気配です。。
                    明日の朝にはひどくなってそうで恐ろしい・・


                    新潟に帰ってきて早1ヶ月ちょい
                    めちゃめちゃ時間過ぎるのが早いです
                    東京にいたときはほとんど一人だったから、
                    すごく一週間が長く感じたものでした




                    なんだかんだ学校好きの人間なんだなぁと
                    浪人して思いました

                    高校のときはサボりもしまくったけど、
                    いろんな人に会えて元気もらえて
                    学校にいる人みんな大好きだったし
                    尊敬する人だらけで毎日が刺激的でした


                    だから春から(始まる予定)の大学生活が
                    今から楽しみで仕方ない

                    期待するほどじゃないとか
                    高校の方が楽しいとかよく聞くけど
                    楽しくするのもつまんなくするのも
                    全部自分ですからね

                    どこの大学だろうと、
                    私は充実した四年間を過ごしてみせる


                    と、大方前向きに考えてはいるけど、
                    未来には心配なことも多いのが人間です

                    「時間」はときに
                    残酷な顔を見せるというのは
                    経験上、よく理解してるつもり。
                    実は一番怖いものなのかもしれません

                    「時間」を侮っちゃいけません


                    時間は戻れないからいつも先に進む
                    同じとこにはいられない
                    だから周りの環境も
                    自分も常に変わっていく


                    それはわくわくして
                    ドキドキすることかもしれないけど、
                    過去に大切だったものが
                    大切じゃなくなったり

                    出会いもあれば別れもある
                    その運命からは避けられない
                    ってことでもあります



                    最近よく思います。

                    人生って、
                    たった一人の大好きな男の人と、
                    数人の大好きな友達と、
                    そして自分にやりたいことがあれば、
                    それで十分なんだと思います

                    幸せってのはそれ以上でも以下でもない
                    幸せの形はいろいろあるけど、
                    この3つを大切にできれば
                    だいたいの人は幸せになれると思います


                    でもどうしてみんな悩んでたり、
                    不幸せなふりをしているのか?
                    って言ったら、
                    この世界に「時間」があるからだと思います


                    大切な人と自分をそのまま真空パックして何も変わらないまま暖かい場所に保存できたらどんなに幸せかなぁと思います。


                    大切な人もいつかは死んでしまうし、
                    そうじゃなくても仕方ない別れもあって
                    こんなわずかな宝物なのに
                    維持するのは不可能なんです


                    なんて、怖いことなんでしょう
                    どうして、
                    このままでいたらだめなんでしょう
                    ってよく思います




                    本当は幸せなのにも関わらず
                    幸せなことに気付いてない人が
                    あまりにも多くて、
                    いつだって人は
                    「あのときは幸せだった」と愚痴をこぼす

                    でも本当の幸せは
                    時間の波の中に隠れているだけで
                    気付かないで見過ごしてるだけで
                    探せばちゃんとあるもんです



                    私はちゃんと気付いている
                    今が幸せだってことに

                    もうこれ以上なんていらないのに
                    大事なもの見つけたのに
                    どうして時間は
                    先に言ってしまうのですか?
                    なぜ「ずっと一緒」が
                    いつか嘘になるのですか?


                    「確かなもの」なんてありえない世界。
                    契約も、約束も役に立たない世界。

                    私に唯一できることは
                    「真空パック」に代わる
                    人の絆というものを、
                    大切に大切に紡ぎ続けることだけなんです

                    毎日、怠らずすることだけなんです
                    comments(4), trackbacks(0), -
                    [i:63889]My happy birthday[i:63889]
                    category: 自分
                    0
                      今日は新しい僕の誕生日なんだ
                      記念写真を撮り直すからおいでよ
                      イェイェイェ〜〜
                      素敵な思い出を写すロウソクは
                      消さないで
                      生まれ変わる朝がきた♪





                      はい、今日は何の日ですか?
                      分からない人は、やばいです
                      浪人決定です(浪人はお前だ)
                      これ、センター出ますから((('_';)


                      浪人したくない人は今すぐ覚えよう
                      教科書太字だからね

                      ズバリ理菜の誕生日!!


                      覚えましたか?
                      米山りなお、1月3日生まれ



                      B型←分かるわ
                      うま年
                      やぎ座
                      動物占いは黒ひょう


                      好きなものは
                      「ピロウズ」「いも」「ピンク」
                      これだけ覚えれば合格点です←どこ大だ



                      難関私大編↓

                      好きな作家が江國香織さん
                      (最近は唯川恵さんも)

                      好きなアニメはエヴァンゲリオン
                      (↑キャラクターはアスカ)

                      そろばん2級
                      (↑微妙すぎて自慢にならない)

                      身長160せんち
                      (↑だけどたまに159とサバを読む)

                      早慶ではこのへんが合否の分かれ目です





                      兄がオタクで母がスロッター
                      だとか

                      自他共に認めるトラベルメーカーで
                      過去に幾度となく
                      決闘を乗り越えた経験あり
                      だとか

                      実は5メートルも泳げない、
                      逆上がりもできない
                      だとか

                      物をなくす・壊すことに関しては神
                      だとかは間違っても覚えちゃいけません
                      (自分で暴露しすぎ)


                      ちゃんと理菜の情報はいいことだけをインプットしましょう!
                      暗黒の部分は闇に消去(おい)



                      と、くだらない話はいいとして
                      親戚回りでクソ忙しい
                      お正月の真っ只中に生まれたせいで

                      世間では新年が明けたことがめでたすぎて
                      全く祝われない誕生日が、今日!


                      んまぁ〜クリスマスだの
                      大晦日だの元旦だの初売りだのって、
                      イベントが連続する年末年始

                      私一人が生まれたくらい
                      どーでもいいってか!このやろう


                      でもそっちのイベントの方が
                      私にとってみりゃー他人事ですわ!
                      (ちゃっかり楽しんだくせに何を言う)


                      やっぱり誕生日が一番楽しみでした_alt_str_i_F991.gif_
                      なんとなく朝から気分は一番いいよね
                      だって今日は自分が主役だもん!!!



                      アナザーモーニングを聞きながら
                      起きました

                      まさに生まれ変わる朝がきたー!!とね


                      と意気込んで代ゼミ行っても
                      二人くらいしか祝われませんでしたorz


                      が、それでも別にいいんです。
                      一人で上機嫌だったからw


                      今日のやる気は半端なかった!
                      夜までオール集中。
                      私はやっぱり天才だと大それた勘違い←


                      センターまで今日で2week

                      もうここまできたらSっ気全開で
                      責めの14日間です

                      まぁセンターなんて敵じゃないわけですが

                      受けるからには
                      大学入試センターに宣戦布告です

                      とりあえず日本史は100を取る!!
                      絶対取る!!
                      女のプライドとじっちゃんの名にかけて!
                      (まだ生きてるわ)

                      国語はまぁ195←え
                      英語は180←妥当・・かな
                      リスニング35←弱気



                      たぶんこれで明治は受かります(予定)



                      「不可能を可能にする女」と
                      巷で有名な私なので
                      あくまで強気の姿勢ですw
                      (言われたことありませんが!)



                      夜はご飯をおごって頂きました
                      本当にありがとう_alt_str_i_F991.gif_

                      えりすにもプレゼントと
                      ケーキを頂きました
                      可愛いピンクグッツ><


                      帰ったら母がケーキ買ってきてくれてた
                      食べきれない量w



                      あぁ〜「気持ち」が嬉しいってこのことだ!



                      ありすは忘れてたら
                      死刑にしようかと思ってたのに!
                      ぎりぎり日付変わる5分前に
                      送ってきやがったww
                      こんにゃろー憎いぜ!

                      0時ぴったりもかなり嬉しかったが、
                      絶対こないなって思ったときにくる
                      誕生日メールも違う感動がありますね(笑


                      でも本当にありがとうでした★
                      無事に19歳になれました!!

                      Set you free
                      振り返れば思い出はそのまま

                      Let you go
                      変えられるのは未来だけなんだ
                      comments(8), trackbacks(0), -
                      New Entry.
                      Category.
                      Archives.
                      Comment.
                      Trackback.

                      Profile
                      Calendar
                      SMTWTFS
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << April 2018 >>
                      Recommend
                      参加ランキング
                      にほんブログ村 海外生活ブログへ
                      にほんブログ村
                      Links
                      Mobile
                      qrcode
                      Others
                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      Search